コスト削減

Point
1ヶ月間 タイムカードをお使いのお客様の場合

紙のタイムカードでの勤怠管理を行う場合を考えてみてください。タイムカード の発注や、タイムレコーダーの機械やインクリボンの手配など、まず事務用品を 準備するためのコストがかかってしまいます。それだけでなく、毎月一人ひとりの名前を記載するタイムカードの用意をしなけ ればなりません。さらに、タイムカードの勤務表への転記、集計にかける人件費 など、膨大な量のコストがかかっています。たった150円からで、そうした事務コストを大幅削減のチャンスです。勤怠管理システム「ICタイムリコーダー」を是非ご利用ください。
事務用品の手配や、勤怠情報管理・集計処理も、シフト作成にかける時間もコストダウンが可能です。

月間コスト
  • 1ヶ月コスト合計=107,000円
  • ICタイムリコーダーならば、1ヶ月=15,000円

乗り換えると、1ヶ月92,000円も削減!

年間コスト
  • (1)1ヶ月のコスト合計 107,000円

    107,000円×12ヶ月=1,284,000円

  • (2)ICタイムリコーダー運用費用

    月額150円×100人×12ヶ月=180,000円

  • (1)-(2)=1,104,000円

約84%のコスト削減!
(年間約1,104,000円の削減)

事務コストダウン

*1:タイムカード紙100枚(1ヵ月:2000円)
*2:5店舗の場合(1ヶ月1000円×5=5,000円)
*3:20分×100人=33時間20分 → 33時間20分×2,000円≒67,000円
*4:1分×100人=100分 → 100分×2,000円≒3,000円
*5:1時間×1人(担当者)=1時間 → 1時間×2,000円=2,000円
*6:10分×100人=16時間40分 → 16時間40分×2,000円≒33,000円