ニュース
【ニュースリリース】【重要】インターネット通信の暗号化方式「TLS 1.0」「TLS 1.1」の脆弱性対応について

2019年8月1日



ICタイムリコーダーでは、下記日程にてお客さまの通信の安全性を高めるため、「TLS1.0」および「TLS1.1」を停止し、弊社ウェブサービスのセキュリティを強化いたします。
これに伴い、「TLS1.2」に対応していない古いブラウザーや「IC勤怠」打刻ソフト2019年3月11日以前のものは、ご利用いただけなくなります。


※TLSとはデータを暗号化して送受信する通信手順の一つです。
「TLS1.0」「TLS1.1」のバージョンは、脆弱性が確認されており安全とは言えません。
第三者による通信内容の盗み見や改ざんを防ぐためにも、「TLS1.2」への対応が必要となっております。

この対応による、ユーザー情報や勤怠情報等の再登録は必要ありません。また、クラウド上のデータに変更は発生いたしません。

■「TLS1.0」「TLS1.1」停止予定日
・2019年10月16日(水曜日)

■対象となるお客様
 2019/10/15までにご対応をお願いいたします
①IC勤怠クライアントソフト(PaSoRiリーダー版)が2019年3月11日以前のもの(ver8.0.0.0以外)をお使いのお客様
 ・製品バージョン確認方法      :下記手順 「製品バージョン確認方法」 を参照
 ・最新の「IC勤怠」インストール方法 :下記手順 「IC勤怠クライアントのインストール」 を参照
②古いブラウザをお使いのお客様
 IE、Chrome、Firefoxなど最新のバージョンへ更新をお願いいたします。
 ・TLS1.2対応状況確認方法      :下記手順 「TLS1.2対応状況確認方法」 を参照
 ・最新バージョンへの更新方法    :下記手順 「ブラウザを最新版にアップデート」 を参照
 
ver8.0.0.0以外のIC勤怠クライアントソフト(PaSoRiリーダー版)や古いブラウザのまま2019年10月16日を迎えた場合、以下の事象が発生いたします


・IC勤怠クライアントソフト(PaSoRiリーダー版)の打刻データがサーバーへ送信できず、打刻データが勤務表に反映されません。
・古いブラウザでICタイムリコーダーWeb画面にアクセスできず、Web勤務登録や勤務表閲覧等全ての機能がご利用いただけません。
 
■対象ではないお客様
①ピットタッチ・プロ2、ピットタッチ・ビズをお使いのお客様
②顔認証端末をお使いのお客様
③IC勤怠クライアントソフト(PaSoRiリーダー版)を使っていないお客様


■製品バージョン確認方法
 「IC勤怠」を起動 > ①「管理画面」 > ②「OK」 > 管理画面右下の製品バージョン

IC勤怠クライアントのバージョン確認方法1
IC勤怠クライアントのバージョン確認方法2


製品バージョンがver8.0.0.0であることを確認してください。
それ以外をお使いの場合、IC勤怠クライアントの更新対象です。

IC勤怠クライアントの更新対象のお客様は、一旦「管理画面を終了」をクリックして「IC勤怠」を終了し、下記手順 「IC勤怠クライアントのインストール」 を実施してください。

ver8.0.0.0をお使いのお客様は、「打刻画面」へ戻り、通常通りご利用ください。

  
■TLS1.2対応状況確認方法
お使いのブラウザで以下にアクセスし、「ICタイムリコーダー ブラウザ確認OK」の文字が表示されましたら、TLS1.2対応済みのブラウザです。
「ICタイムリコーダー ブラウザ確認OK」の文字が表示されず「このページに安全に接続できません」と表示されましたら、お使いのブラウザを下記手順 「ブラウザを最新版にアップデート」 を参照しアップデートしてください。
   
https://tls-check.ic-tr.jp/
  
対応が必要な画面表示
TLS1.2NG


  
対応が不要な画面表示
TLS1.2OK

■ 必要な対応
IC勤怠クライアントのインストール
1.「Windows Update」を実施します。
  「Windows Update」手順について(外部サイト) 
   Windows 7の場合:https://msrc-blog.microsoft.com/2018/10/18/wumusteps_win7/
   Winodws 8.1の場合:https://msrc-blog.microsoft.com/2018/10/18/wumusteps_win81/
   Winodws 10の場合:https://msrc-blog.microsoft.com/2018/10/18/wumusteps_win10/

2.既存のIC勤怠クライアントのアンインストールを行います。
 「コントロールパネル」 > 「プログラム」 > 「プログラムのアンインストール」で「IC勤怠」を右クリックし「アンインストール」
IC勤怠クライアントのアンインストール

3.ダウンロードサイトより「IC勤怠インストーラー」をダウンロードし、「IC勤怠」をインストールしてください。
  IC勤怠ダウンロードサイト
  ※「IC勤怠」が最新版になりますと、「IC勤怠」管理画面の右下の製品バージョンが「ver.8.0.0.0」になります
  ※インストールされますと、デスクトップに「IC勤怠」のアイコンが表示されます
IC勤怠クライアントのダウンロード

IC勤怠クライアントのインストール

 
お使いのブラウザによっては、「この種類のファイルはPCに問題を起こす可能性があります」と表示されますが、「実行」でインストールを行ってください

IC勤怠クライアントの実行

 
インストールしようとすると、「WindowsによってPCが保護されました」というメッセージが出る場合がありますが、「詳細情報」 > 「実行」でインストールを続けてください
Windowsセキュリティ1
 
インストールしようとすると、「この不明な発行元からのアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」というメッセージが出る場合がありますが、「はい」でインストールを続けてください
Windowsセキュリティ2
  
IC勤怠セットアップウィザードで「次へ」を押していき、インストールを完了してください
インストールウィザード
 
デスクトップの「IC勤怠」アイコンをダブルクリックして起動させます
※右側のお姉さんの画像が新しいものに変わります。


新しいIC勤怠

   
ブラウザを最新版にアップデート

1.ご利用のブラウザを最新版にアップデートしてください。

 〇Google Chrome を更新する(外部サイト) 
  https://pc-karuma.net/google-chrome-version-update/

 〇Firefox のバージョンを更新する(外部サイト)
  https://support.mozilla.org/ja/kb/update-firefox-latest-version

 〇Microsoft Edge のバージョンを更新する
  Windows Updateを実施する

 〇Internet Explorer のバージョンを更新する(外部サイト)
  https://support.microsoft.com/ja-jp/help/17621/internet-explorer-downloads
 ※製品バージョン(OSバージョン)を指定して更新してください。
  Internet Explorerではブラウザの設定で「TLS1.2」が無効化されている場合、OSやブラウザが最新でも表示ができないことがございます。

2.TLS1.2を有効にしてください。 ※ブラウザの設定でTLS1.2が無効化されている場合
 〇Internet Explorer、Microsoft Edge、Google Chromeの場合
  「コントロールパネル」>「ネットワークとインターネット」>「インターネットオプション」>「詳細設定」
  「セキュリティ]」カテゴリで、「SSL 3.0 を使用する]」チェック ボックスをオフにし、「TLS 1.2 の使用]」チェックボックスをオンにしてください。
 
 〇Firefox の場合
  1.Firefox を起動します
  2.アドレスバーに「about:config」と入力します
  3.「動作保証対象外になります!」といった警告が表示された場合、「危険性を承知の上で使用する」をクリックします
  4.「security.tls.version.max」の行を探し、行をダブルクリックします
  5.「整数値を入力してください」と表示される画面で、半角数字で「3」と入力し「OK」をクリックします
   ※「3」は「TLS 1.2」をあらわします 。Firefox 49 以降は「4」(「TLS 1.3」) のままで構いません。
  6.「OK」ボタンを押してダイアログボックスを閉じ、ブラウザを再起動します

ご不明な点がございましたら以下、サポート担当までご連絡お願いいたします。

会社概要

会社名 :株式会社オープントーン
  • https://www.opentone.co.jp/
  • 〒101-0041 東京都千代田区神田須田町2-5-2 須田町佐志田ビル6F
  • 設立 :2003年2月17日
  • 代表者 :佐藤 大輔
  • 従業員数:50名 (2018年3月現在)
  • 資本金 :1,500万円

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

このページのトップへ