スタッフブログ

設定された残業時間を超えると警告!残業時間の警告機能を追加しました。

2017年5月18日

勤怠管理システムICタイムレコーダーは残業超過の警告機能を追加しました。

2017年度中に審議予定の改正労働基準法では、昨今の過労死問題を受け、残業時間上限規制の盛り込みが予定されています。

そうした「働き方改革」を受けコンプライアンス機能強化を求める利用者様の声に、お応えし過大な残業時間の警告機能を追加いたしました。

設定された残業時間を超えると本人や上長に警告を表示します。
警告基準は任意に設定でき、5段階まで設定する事が出来ます。

組織体質の改善や管理職層のマネジメント強化、従業員の働き過ぎに対するメンタルヘルスチェック基準としても役立ちます。

このページのトップへ